オシャレかつ清潔な旅を!旅行中のかばんの中身:夏編

f:id:hyejin:20180511172304j:image

こんにちは、シンガポールから戻りましたへじんです!

 

 

 

人間ミニマリストになろうと思ったら減らせる限り減らせるし、気にしないっていう人はどんどん増やすし、けど旅・旅行中の丁度いいカバンの中身ってなんだろうなって思いまして。

 

今回のシンガポールを経て、夏の時期の旅行にはやっぱりこれが最低限の最大限、最大限の最低限、オシャレかつ清潔に過ごしやすい絶対必須アイテムと思いまして。

 

へじんの旅・旅行中のin my bagを書いてみようと思いまして。

 

確かに人によっては持たなくっていいようなアイテムもありますが、まあこちらは一人の人間がこういうものを持ってるんだな~って参考に思ってください。

 

 

 

へじんのIN MY BAG(夏編)始まるよっ(Youtuber風)

 

 

f:id:hyejin:20180511172322j:image

 

 

 

1.パスポート

海外ってなると必要ですね。換金する時や、急遽自分の身分を証明したり、またお買い物をして免税の手続きをするために、など。

ちなみにこの可愛いケースは去年の春にタイのチェンマイに行った時に路上で買って名前を彫ってもらったものです。結構安いのに、とっても可愛いの。ポケットも使いやすくって、海外出国時には在留カードを特に忘れてはいけないへじんにとっては、パスポートとセットでポケットに入れられてとても便利です。

 

2.リップ保湿用

乾燥+敏感肌のへじんには欠かせない。旅行先では写真もたくさんとるのに唇がカサカサしてたらせっかくの写真が…泣

ちゃんと保湿しましょう。ちなみに写真に写ってるのはコンビニで買ったDHCのリップです。

 

3.ポケットムヒ

虫刺され用。のみでなく、暑い時に体を涼しくさせる用として重宝してます。シンガポールで虫に刺されることはなかったのですが、めちゃめちゃ暑くって、度々体にムヒ塗ってました。多分使い方違うけど、暑い国でそんなずっと暑いって感じて、ストレス感じたくないし、大事なアイテムです。

 

4.リップ色付き

保湿も大事だけど、唇が真っ白だとそれだけで死んでる顔に見える。色があった方がやっぱ元気に見える笑 写真の写り的にも...笑

色付きリップ大事。これはなんでもいいけど、カバンにコンパクトに入る形だとベストですね。写真のレブロンのリップは丁度いい小ささ。変にゴツゴツしたり、形に特徴あったりすると邪魔。丸く細く長くがベスト。

あっ、色付きリップに保湿機能があると保湿用のリップもいらないかもだけど、個人的に別々の方が唇のうるツヤが長持ちする気がして、別々で使ってます。

 

5.ハンドクリーム

変わらず乾燥+敏感肌なのでハンドクリーム大事。あとはですね、足にもぬれる。夏って露出するじゃないですか。(へじんは暑がりなので絶対に露出します。誘惑じゃない。暑いの。死ぬの。)けど足も乾燥肌だとめちゃカサカサしてたりするんですよね。そういう時にハンドクリーム足に塗ってあげるとあら素敵、綺麗な足になります。

 

6.Ora2の口臭用スプレー

ご飯食べた後のマナーというよりかは、ご飯食べた後の口の中の脂っこさっていうか重さっていうそれをなくすようです。美味しいものは美味しいんだけど、それ食べた後に口の中にその味が残るっていうか、重さが残るっていうか、それが嫌なんですよね。オーラツーのは口臭も抑えてくれるし、口の中がスッキリするからオススメ。一石二鳥ですね。

 

7.Bioreの汗拭きシート

汗拭きシートならなんでもいいんですけど、ビオレのをいつも買ってるのはそのサイズ感ですかね。10枚入っていて、丁度いい。あとは普通に汗かいて体中ジメジメベタベタしてるのを綺麗にできて気持ちいい。ビオレしたあとは風に当たるとスースーしてそれも気持ちいい。ミニマリストとかどうでもいいくらい本当に大事です。なんならミニマリストも私からもらいます。(いや、ミニマリストって自分は持たないだけで、人から借りるかもらうか買って捨てるかのどっちかじゃねとか思う時もある。)

 

8.カメラ

この度はカメラ二台持ち。チェキと写ルンです、です。多分スマホで十分って人もいるとは思うんですけど、私はこう物にしたいタイプっていうのと、チェキと写ルンですだからこそ作れるストーリーが好きです。

チェキはすぐ現像できます。旅先の小さな出会いも現像して誰かと共有できたりします。データでは残せないからその一枚限り。デジタルが進んだ今、何個も複製できる中で、たった一枚。それを無くしたら終わり、っていう寂しさが好きです。

写ルンですの場合は、あれ最後まで使い切るまで現像できないし、撮るときの写りとか確認できないんですよね。だからどんな写真撮ったのか忘れた時には現像されたのを見て一緒に話したり、またしっかり撮れたらそれを喜んで、撮れなかったらその物足りなさっていうか残念って気持ちに浸って。それが好きです。

もうカメラの部分はこだわりなんですけど、けど多分おしゃれな写真はたくさん残せるアイテムですよね。

 

9.フェイスパウダー

暑い国だとファウンデーション塗ると肌が重い気がしてあまり塗らないんですよね。代わりに薄いパウダー的なものを塗ります。だけど汗とかですぐ消えたりするから二つを常備。けど多分ファウンデーションに頼るより、何度か汗拭いてまたパウダーしての方が衛生的にも、見た目的にもいい気がします。

 

10.モバイルバッテリー

大事。命。写真撮ったり、SNSに載っけたり、地図調べたり、場所調べたり、タクシー呼んだり、支払いしたり、全部スマホで解決しちゃう分充電がすぐ消える。だからモバイルバッテリーは大事。

 

11.財布

今回の財布はシンガポールということもあって通常時でも使ってる財布ですが、まあ無くしてもいいような財布を使う方がベストですね。もし無くしても日本みたいに戻るとこなんて本当に限られてるので。

 

12.コード

モバイルバッテリーを使用する時に。ちなみにカフェとかレストランによっては充電できるとこもあるので、モバイルバッテリーを使わないで充電できます。大事。

 

13.アルコール付きウェットティッシュ

最後にして一番大事なやつ。アルコール付きウェットティッシュ。(ごめんなさい使い切っちゃって、写真はただのティッシュ)消毒の機能があるってのが大事です。日本みたいに綺麗なとこって基本ないです。レストランのテーブルが汚かったり、トイレの便座が汚かったり。普通のティッシュで拭いてもいいけど、やっぱりアルコール付きのウェットティッシュの方が断然キレイスッキリ清潔に拭ける。どこでも使えるんですよね。ご飯の時、ビーチで汚れをふく時なども。どんな菌があるかわからないし、慣れてないとその場所の人にとっては問題ない菌も、慣れない自分にとっては変な病気にもつながったりするので、気をつけてもいいところ。旅行中に病気とか一番嫌だし。本当に持っていってほしいです。

 

 

 

 

とまあ計13個のアイテムを紹介しました。これさえあれば、オシャレかつ清潔な旅ができる。

 

 

ちなみにこれ全部小さな肩掛けバックに収まります。

へじんはこのカバン。

f:id:hyejin:20180511191237j:image

(カバン汚すぎて焦った。旅行後だからということで許してください。)

写真だお伝わら似かもだけど、200mlペットボトル2個がちょうど入りそうなサイズ。

 

このカバン選びも意外と大事です。

一つ、おしゃれであること。

一つ、どんな服にも合うこと。

一つ、畳みやすいこと。

 

このカバンは布(?)で、ワイヤーとか鉄とかプラスチックとか硬いのがなく、キャリーケースの中にポイッと入れられます。形がしっかりしてると邪魔になりがちです。

私は飛行機を乗る時にmacbookを持ってくのでリュックが必要です。だからキャリーにはまた別にお出かけ用のカバン(写真のやつ)が必要なんですよね。

 

畳みやすく、黒だからどんな服にも合うし、フリンジが多分おしゃれ。

 

便利なカバンです。ちなみにBershkaで買いました。

 

 

 

 

 

 

とまあ、なんかおしゃれYoutuberがしそうなことをしてみましたが、みんなの旅行がオシャレかつ清潔で快適であることを、心より望んでます。

 

 

それでは、今日はここまで。

またね!